mobile home-贅沢なのか質素なのか?

アメリカでドライブしていると多くのトレーラーに遭遇する。トレーラーと言っても荷物を運んでいるのではなく、いわゆる日本で言うキャンピングカー(camping carは和製英語で実際は camper と呼ばれる)で、運転席と一体型の物や、車で牽引するタイプがある。特に夏休み中は、乗用車よりも多く走っていのではと思われる光景を目にすることもある。最近日本でも見かけるが、日本で使われている camper は道幅の問題もあるので小さめだが、アメリカでは家みたいな大きいトレーラーもある。実際家そのものが道路上を牽引されているのを見かける。縦に半分に切断された家が高速道路上を移動いていると異様な感じがするが、それら2つがやがてどこかで合体して本当の家になる(実際は単体の移動式家屋の方が多い)。camper とか trailer で南北アメリカ大陸を縦断して見たいという夢を抱いたこともあるが、実現なかった。なぜならアメリカに住んでいた時は経済的にギリギリの生活をしていたからだ。私達にとっては mobile home とか trailer house という移動式の家は高根の花で、そいうものを購入する人はかなり豊かな人達だと思っていた。ところが実はかなり事情が違っていた。mobile home は集合住宅のように何軒も立ち並び、経済的に決して豊かではない人達が住んでいる。mobile home は普通の家に比べてかなり安価で手に入れることが出来るので、家を建てたり買ったりする余裕の無い人達が mobile home に住むという構図が出来上がっている。普通の家と変わらないほど立派な mobile home もあるが。

補足:
mobile homeが集合住宅のように集まっている地域をTrailer Park(トレーラーパーク)と言い、主に白人の低所得者が住んでいる場合が多い。ハリウッド映画スターが撮影の合間に控え室として使っているのもトレーラーである。

株式会社BLA / YouCanSpeak開発者
ドクター・キノシタ

YouCanSpeak:スピーキング特化システム
YouCanSpeak-α(アルファ):リスニング・発音特化システム
ask the orange:サポートサイト
株式会社BLA: 株式会社BLAオフィシャルサイト
Twitter: @A5Eigo

div class=