何かしゃべらないと落第してしまうクラス

私がアメリカの大学院で受けた授業のひとつは、非常にアメリカ的で、留学生特に日本人には不向きのクラスだった。その授業には期末試験がなかった。唯一の評価対象はクラスでのparticipation(参加)だった。Participation は自分の考えを口で表現するにことを意味した。発言の順番など決まっていない。人がしゃべっている時でもドンドン割り込んで行かないと、発言のチャンスが無くなってしまう。又もたもたしていると討論内容が刻々と変化して行くので、話したい事があっても取り残されてしまう。この点自己主張の文化の中で育ったアメリカ人学生達は、実にみごとに又矢継ぎ早に発言して行った。でも雄弁に語っていてもその内容はテーマとかけ離れている場合も多かった。ほとんどの日本人は筆記試験は得意でも、フリーディスカッションは苦手だ。自己主張を抑える社会、すなわち「和」とか「調和」を重んじる文化の中で育っているからだ。私にとってもこのクラスは決してやり易いものではなかった。でもこのクラスのおかげで、異なる文化に育った人達と物怖じすることなく対等に会話を進める勇気と技術を身に付けることが出来たような気がする。

(最終回)

株式会社BLA / YouCanSpeak開発者
ドクター・キノシタ

YouCanSpeak:スピーキング特化システム
YouCanSpeak-α(アルファ):リスニング・発音特化システム
ask the orange:サポートサイト
株式会社BLA: 株式会社BLAオフィシャルサイト
Twitter: @A5Eigo

div class=